折り染めのレターセットで出す、余寒見舞い

ワークショップ
折り染めのレターセットで出す、余寒見舞い

”折り染め”は、和紙を折りたたんでインクなどで染める手法です。
染まった紙を広げると、有機的に反復したユニークな模様が現れます。
今回は、カラーマーカーや蛍光ペンを染料に使ったり、染めた紙をパッチワークのように組み合わせたり、ちょっとコンテンポラリーな折り染めを提案します。

このワークショップでは折り染めをした紙を材料に、 封筒や便箋を作ります。
暦の上では春でもまだまだ寒さが残る、そんな時期に出す季節の便りを“余寒見舞い” (よかんみまい) というそうです。
旅の途中の方は、故郷で待つ誰かや、旅から戻る自分に宛てて、近郊の方も、 手染めのレターセットで冬のお便りを出してみませんか?

持ち物 : はさみ
日 時:2月23日(土) 13:30-15:00
参加費 : 2400円
ご予約・お問い合わせ : bbg@denchi-asakusa.jp / 050-1194-0168
会 場:Bank Bed Gallery
    東京都台東区西浅草2-8-5

・インクが飛ぶ可能性があるのでお召し物にご注意ください。
・小さなお子さまは大人と一緒にご参加ください。

WorkshopYUKO KANATANI